キャッシングのマネーシップには注意を

正規の消費者金融にマネーシップという会社は存在せず、貸金業登録をしていない悪徳業者というのが実態です。怪しい業者から借入してしまうと法外な利息を請求されるので、今以上に生活は逼迫するでしょう。マネーシップという貸金業者を見つけた方は、すでに他社から借入できない状況にあるはずです。

そうした状況で融資を促してくる会社は、すべて悪徳と考えてよいでしょう。

マネーシップは貸金業登録をしていない

健全なキャッシング選びをするコツとして、公式サイトのある会社の商品をおすすめします。公式サイトがあれば住所・電話番号・貸金業登録番号などの確認ができます。そもそも住所・電話番号すらわからない業者から借りるのは危険で、実際にそれらは悪徳業者です。

悪徳業者は実店舗を構えていないことが多く、振込による融資が一般的です。融資額は数万円などの小額になることが多いですが、金利が法外に高くなっています。現在はグレーゾーンでの貸出は禁止されていますが、悪徳業者はグレーゾーンを超える超高金利で融資しています。

かつての出資法の上限である29.2%をはるかに超える金利で融資しており、これは法的に完全にアウトです。健全な貸金業者なら貸金業登録番号を必ず明記しており、これがない時点で悪徳業者だとわかります。マネーシップという業者はまさにそうで、住所・電話番号の記載すらありません。

貸金業法を無視した違法業者ですので、絶対に申し込みしないようにしてください。最近の悪徳業者はマネーシップにかかわらず、手口が非常に巧妙化しています。

マネーシップはサイトを用意しているのが特徴で、ふと見るだけでは小中消費者金融や街金と区別がつきません。しかし宣伝が誇大になっているなど、怪しい点が見受けられます。

申し込みをすると個人情報が漏洩する

マネーシップは正規の貸金業者ではありませんが、申し込みにおいて氏名・生年月日・住所などの個人情報を求めてきます。携帯番号やEメール・勤務先情報なども記載する必要があり、申し込みすると同時に情報が漏洩します。

悪徳業者に個人情報を教えてしまうと、別の悪徳業者から電話・メールなどがくるようになる可能性大です。悪徳業者は個人情報を他社に売買することでも利益を得ているので、同系列・その他の悪徳業者からもしつこく勧誘されます。

マネーシップに申し込みをしてしまうと、借金をしなくても面倒なことになるのです。まったく知らない会社から電話がきて、健康食品や化粧品などを勧められた経験をお持ちの方は多いでしょう。個人情報というのは無意識のうちに自分自身で漏洩させていることがあり、懸賞サイトなども要注意です。

よくわからない会社のサービスに対して、安易に個人情報の送信をしてはいけません。キャッシングを利用するなら知名度の高い大手消費者金融や銀行から借りるのがおすすめです。これらの金融機関は個人情報保護を徹底しており、電話・メール勧誘が不要だと伝えればそれ以上は勧めてきません。

マネーシップの融資概要とは

マネーシップは来店不要で即日融資・口座振込に対応しており、24時間対応をアピールしています。最短10分で申し込みができ、50万円まで融資可能とあります。しかし他社で断られた方にも推奨しているとおり、健全な金融機関としては勧誘の仕方に問題ありです。

マネーシップは独自審査を導入しており、中小消費者金融や街金の融資概要と非常に似ています。ただこれらの金融機関は対面与信での融資を基本としており、マネーシップの場合は口座振込による融資となります。そもそも住所・電話番号などを記載していないので、実態のない会社と考えてよいでしょう。

最近はネット完結ができるキャッシングが普及してきましたが、大抵は店頭窓口での融資も行っています。公式サイトには必ず住所・電話番号などの会社概要を記載しているはずです。マネーシップに申し込んでしまう方の特徴には、通常の金融機関から借入できないことがあります。

誰しも住所・電話番号の記載すらない業者は悪徳だと気づきますが、借りられなくて焦っている人は冷静な判断力を失っています。あわよくば借りられるのではという期待が心のどこかにあるため、ついつい申し込んでしまうわけです。

実質年率を記載していないので注意

どのようなキャッシングやカードローンであっても、必ず実質年率の明記をしています。マネーシップが実質年率を提示していない理由は、貸金業法を無視して運営しているためです。悪徳業者が悪徳と言われる最大の理由は、利息制限法や出資法を無視した融資を行っていることです。

かつての消費者金融は出資法の上限である29.2%まで認められていましたが、現在はグレーゾーンの廃止によって最大金利は20.0%となりました。どんなに高金利のローンでも20.1%になることはありませんが、悪徳業者は100%をはるかに超える金利を設定してきます。

実際の金利は悪徳業者側が勝手に決めており、1,000%超の年率を請求してくるケースもあります。5万円の借入に対して1週間で1万円の利息がつくなど、常識的にありえない金利を求めてくるのです。

また悪徳業者は完済させないように根回しをしており、難癖をつけて利息だけを支払うように言ってきます。こうした業者から借入してしまうと自力解決は無理なので、速やかに弁護士に相談してください。悪徳業者からの借入には正式契約など存在せず、借金は利息も含めて返済する義務はありません。

→キャッシングとクレジット払いは何が違うの?上手なお金の使い方

マネーシップがターゲットにする人とは

マネーシップは他社で借入できない人をターゲットにしており、小額を融資することで高い利息を請求します。悪徳業者は申込者がブラックリストに登録されていても関係なく、むしろ他社で借入できないから自社に呼び込むために好都合なのです。

申込者に返済能力がなくても、そこは厳しい取立てをして回収します。人は出費に優先順位をつける性質があり、納税より借金返済を優先するケースが少なくありません。税金は債務整理で解決できないことからも、本来は借金返済よりも優先するべきなのです。

しかし借金のほうが取立てが厳しいことから、納税を後回しにしてしまうわけです。マネーシップは健全な金融機関よりも厳しい取立てをすることで、自社に返済させるようにしてきます。自宅・勤務先を問わずに電話催促がくるようになるので、絶対に借りないようにしてください。

悪徳業者から借りた借金に返済義務はありませんが、道理を話したところで業者は聞く耳を持ちません。

参考|カードローン消費者金融 - NoLoan