キャッシングとクレジット払いは何が違うの?上手なお金の使い方

キャッシングもクレジットカードも、金融機関が発行したカードを使って利用するため、イマイチ違いがわからない方も多いのではないでしょうか。この2つは混同されやすい一面もありますが、明確に違う支払い方法です。

また、クレジットカードにキャッシング機能が付帯している場合も多いので、そちらも合わせて確認してみましょう。

ショッピング目的か否か

基本的にクレジットカードは、ショッピングにおける決済を目的とした支払い方法です。数百円の少額決済から数万円、数十万円の決済に至るまで、自分が本来支払うはずの代金を一旦消費者金融などに立て替えてもらう方法を指します。

しかし、クレジットカードを使って現金を用意することはできません。対してキャッシングは、クレジットカードとは異なり現金を借入できます。その現金をショッピングに使うにしても、何か別の目的に使うにしても自由なので、より使い勝手の良い方法ともいえます。

ただし、キャッシングの申請時に借入したお金の利用目的について問われますが、この際ギャンブルなど返済能力を疑われる目的は却下される可能性が高く、申請時点では必ずしもどんな使い方でも問題ないとは限りません。

また、キャッシングはしばしばカードローンとも表現されています。クレジット機能とキャッシングは別物ですが、キャッシングとカードローンはほぼ同じ意味合いなので特に深く考える必要はありません。キャッシング=カードローンと、自分が分かりやすい方で置き換えてしまえば問題ないでしょう。

クレジットカードとキャッシング

大抵の場合、クレジットカードを作成する際にキャッシング機能を付帯させるか問われます。キャッシング機能が付帯していれば、一枚のカードで別々の機能を使い分けることができるので、利便性が向上します。キャッシング機能も意識的に使おうとしなければ、勝手にお金が借りられていた、ということもありません。

また、反対にキャッシングカードにクレジット機能が付帯していることはありません。あくまでキャッシング専用のカードとして利用できるので、クレジット機能も目的としている場合はクレジットカードを選びましょう。もしキャッシング機能が不要であれば、キャッシング枠を0円にして登録すれば問題ありません。

盗難など万が一に備えてクレジットカードを作成するのであれば、キャッシング枠を作らないことが一番のリスク対策になります。ショッピング以外にカードを使う予定がなければ、検討しておきましょう。

返済方法の違い

クレジットカードはキャッシングに比べて、あまり返済方法に選択肢がありません。基本的に口座引き落としのみとなっているので、支払日に合わせて指定した銀行への入金を忘れないようにしましょう。キャッシングは、クレジットカードとは異なり振込返済なども可能です。

お金に余裕ができた時に追加で支払うことで、返済期間を短縮できるのです。また、リボルビング払いを選んだ場合はどちらも毎月の返済額に上乗せして返済できます。リボルビング払いは余裕がある時に返済してしまわないと負担がどんどん膨らんでいくので注意しましょう。

このように返済方法に違いがあるのは、クレジットカードはあくまで支払いの立て替えであるのに対し、キャッシングはいわば借金であることが挙げられます。クレジット払いは毎月の返済日もほぼ一定ですが、キャッシングはある程度債務者に選択肢が残されていることも多く、返済に負担がかからないよう考慮されています。

とはいえ、クレジットカードも支払いを怠れば借金扱いになることは変わりません。返済が厳しい場合は分割払いにも対応しているので、その時々に合わせて行動しましょう。

未成年者は利用できない?

クレジット払いとキャッシングを分ける大きな要因の一つが、年齢です。キャッシングは20歳以上を対象としているのに対し、クレジット払いは18歳以上なら申し込めます。

大学生でもクレジットカードは作れるので、学生のうちにクレジットカードを作っておき、社会人になって慌ててカードを作る必要がないよう準備しておくとお得です。また、キャッシングは自由度が高い分クレジット払いよりも高額な借入を狙うケースが多く、それだけ金融機関も債務者の返済能力を重視しています。

未成年の身ではその返済能力において信頼を得ることは難しいので、20歳以上が基準として設けられているのです。ただし、クレジットカードも未成年の場合は保護者の許可が必要になるので、自分一人で全ての手続きを進めることはできません。

ショッピング枠が多く設けられているカードを選ぶことも難しいので、高望みをせず手が届く範囲でカードを一枚作ることをおすすめします。また、なるべく年会費のかからないクレジットカードがよいでしょう。いきなり年会費付きのクレジットカードを選んでも、年会費分の追加要素を使い切ることが難しく、結局無駄に料金を支払うだけで終わりかねません。

→クレジットカードのキャッシング機能とショッピング機能の仕組みとは

クレジットカードのキャッシング機能を利用するには

キャッシング専用のカードではなく、クレジットカード付帯のキャッシング機能を選んだ場合、利用方法は非常にシンプルです。近くのコンビニなどに設置してあるATMから、自分が利用しているブランドに対応しているものを選べばよいだけです。

それ以降の手順も、お借入から支持に従ってカードの挿入、暗証番号の入力などの各種手続きをこなすだけです。非常に簡単な方法であることは間違いありませんが、その分つい必要な金額以上に借り入れてしまいがちです。

キャッシングが借金であることを把握し、必要以上に借り入れず返済を困難なものにしないよう注意しましょう。また、クレジットカード付帯のキャッシング機能は、キャッシングカードよりも金利が高く設定されていることも多く見られます。

クレジットカード一体型なら利便性は高まるものの、キャッシング機能を頻繁に利用する場合は別枠で専用のカードを用意することをおすすめします。カードを作りすぎると返済状況を管理することが難しくなるので注意しましょう。

キャッシングの申込み自体はインターネットから可能なので、とても簡単です。審査を通過しなければならないものの、即日でカードを発行できるほどスピーディな消費者金融もあるので、急いでいる場合でも安心です。

→キャッシングのマネーシップには注意を